Worldfutのスタッフが津々浦々といろいろ書いていきます!


by worldfut
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

よっしゃーーー!!

只今ロシアに留学中のともです!!

みんな!!ついにWorld fut本格始動だね!!

3人で出発したWorld fut。

あん時から俺らの熱い気持ちは全く衰えてない。

むしろどこまで上がるんだ!?ってくらいに燃え上ってる。


俺は小学校から高校まで本気でサッカーやってきた。

恥ずかしながらプロも真面目に目指してた。

小さいころからの夢。

プロになって、セリアAのユベントスで活躍して、お金いっぱい稼いで、親に楽させて、貧しい人たちを助ける。

中学になっても、高校になっても、周りがプロになれる見込みなんてねーよって思っても、
明日、明日になったらもっと上手くなって認められる日が来る。そんなふうに思いながら一日、一日を過ごしてきた。

ただ小さいころからの夢を、人前で堂々と言える、日に日に成長しているはずなのに、自分でそう思っていたはずなのになぜか言えなくなってきた現実があった。


大学に入った時に思ったこと。

嬉しさよりも、なんだろうな、喪失感みたいなものがあった。あぁ終わったな、みないな。

大げさだけど人生の目標みたいなものがほんとになくなった気がしたんだよね。

正直、サークルも勉強もなんでもいいやって思ってた。
建前ではいいこと言ってたと思う。でも本音はなんでも良かった。だから流された。



ボランティアサークル。



高校時代の友達には100%の確率で笑われる。お前ネタだろ!!みたいに。
確かに高校時代までの俺はサッカーが上手くなるためにはどうするか、みたいなことばっか考えてて、ボランティア?何それ?みたいな感じで興味もなかった。

だけどさっきもいったけどほんと、何でもよかったからとりあえず入ったんだよね。

そしたらこれがなかなか面白いんだよね。

今までかかわったことない人種というかさ。

本気で社会動かしたいとか、ちょっとでも変わればやる意味あんだよ!!
動かないより動いたほうがいい!!みたいなことを恥ずかしさもなく普通にいってる人たち。

ちょっとづつだけど、こいつらとかかわっていくことで、また自信というか、俺にもなんかできることあんじゃん?みたいな感じで動きだすことができた。

その中で俺は、今の仲間達に出会えて、また夢を思い出した。
夢へのアプローチの仕方はちょっと違うかもしれない。

ただサッカーを通じて、世界を変えたい。

ここは変わらない。


World futは出来たばっかだし、これからいろんな困難や、失敗があると思う。
 
俺とみっちーだってまだまだ経験も浅いし、全然足りないことだらけだと思う。

だけどそんな俺らについてきてくれてるスタッフもいるし、俺らは絶対にあきらめないよ。

もしも!!もしもだよ!!
やる気を失いかけてたり、下を向いてるときは、そんときは蹴り飛ばして目を覚まさせてやってください。笑


みんなで伝説作りましょう。
[PR]
by worldfut | 2008-10-21 06:52 | ひとりごと